現地採用された皆さんの声 vol.92

2015年12月より日系メーカーにマーケティングプランニングアシスタントとして勤務

Gさん 女性 29歳

転職の時期について書かせていただきます。

 

一般的には旧正月後が良いとされているそうですが、私の場合は最も人の動きがないとされている10月に転職活動をスタートしました。

 

実は、前働いていた会社では仕事は楽しいと思えたものの、人間関係がうまくいかず会社に行くのが苦痛になってきました。それは会社の組織上の問題があると思えます。組織上私の直属の上司はシンガポール人でしたが仕事は日本人駐在員から直接指示されることがほとんどで、報告は日本人上司にしなければなりませんでした。その内容がうまく直属の上司と共有できないことが続き、直属の上司から嫌われるきっかけになったんじゃないかなと思います。もちろん、私に全く問題がなかったとは思っていません。

 

YNに登録した時に転職にはあまり良い時期ではないことを初めて知りましたが、気持ち的には一日でも早く転職したいという気持ちでした。仕事の紹介はするけれども、今の仕事が自分に合っていると思うなら、まずは現状を改善する方法を考えてみてはどうかと提案されました。

正直言うと、現状が改善されれば一番良いけど直属の上司との溝は埋まらないだろうと思いましたが、私にできる努力はしてみたつもりです。詳しくは書けませんが、結局改善することはできませんでした。私の英語力の問題だけでなく人間的な未熟さもあることはわかっていますが、この状況をあと数か月続けるのは無理だと思えました。次の仕事が決まっていないとビザがなくなるリスクがあるからあまりオススメじゃないけど、私の場合は今仕事を辞めたほうがいいんじゃないかと思うと言ってくれて、それだけで気持ちが少し楽になったような気がします。

 

他のエージェントにも登録をしていましたがやっぱり仕事の紹介は数件のみで、その中から内定が出ればどこでもいいから就職しようとも思いましたが、運よくYNから私の経験を活かせる求人を紹介してもらいました。エージェントさんから、新しい会社はボーナスをもらってからの入社でもいいよと言っていますよ、と言われましたが、今の会社に12月初旬に入社しました。

 

前任者が日本に帰国することを決めたそうで、その後任を探していたそうです。本当なら1か月ノティスでいいのに、できるだけ会社に迷惑がかからないよう、十分な引き継ぎ期間がとれるよう、早めに上司の方に相談されていたそうです。前任者が自分の辞めた後のことまで心配するような職場なら、きっと私もやり直せるんじゃないかと思いました。

 

実際、しっかりと引き継ぎをしていただき何かわからないことがあればいつでもメールをしてね、と言って個人のメールアドレスも教えてくれました。、送別会と歓迎会を同時にやってもらって、今は和やかな雰囲気の中で働かせてもらっています。前任者にメールで質問するようなことにはなっていませんが、とても心強いです。

 

もしかしたら3月まで待てばより良い求人があったかもしれませんが、私は今の仕事や同僚との関係にとても満足しているので、時期に限らずまずは行動を起こすことが大事だと思いました