現地採用された皆さんの vol.45

2009年6月から 日系商社に営業事務として勤務

Oさん 女性 32歳

わたしは、今年の旧正月の前に会社から解雇を言い渡されました。ですから、今回仕事が見つかるまで半年近くかけたことになります。

この景気で会社の業績が落ちていることは分かってました。シンガポール人スタッフの中には、先手を打って就職活動を始めている人もいましたが、私は、<雇 われている以上今の仕事を精一杯やるのみ>と頑張っていたので大変ショックでした。

再就職に当たり、複数のエージェントに登録をしました。紹介される件数自体が少ない中、私の希望に合わないものには応募自体をお断りしていると、だんだん とエージェントからの連絡も少なくなってきました。。。わがままばかり言ってるから見放された・・・と感じました。

会社をやめるときに数か月分の手当てをいただいていたので、あせらずゆっくり探していこうと考えていたのですが、1ヶ月ごとに国外に出なくてはならず、ビザの問題が一 番頭を悩ませました。仕事を決めるときの検討事項として、ビザの残り時間と蓄えた貯金の残高が追加されました。ただ、何でもいいからとりあえず仕事を、と は思えなかったので、更に時間がかかることになってしまいました。

以前の仕事内容とは違うけれども、『新しいことが学べる環境と上司の人柄』と強く勧めていただいた現在の会社に試しに応募してみたら、採用となり今に至り ます。

YNさんにも言われましたが、はじめから自分で間口を狭め過ぎていたような気がします。実際に仕事を始めてみると、いろんなことが勉強できたり、職種は 違っても意外と経験が役に立つこともあったりします。毎日仕事で忙しいというのは本当に幸せなことだと思います。就職活動中は暇で暇で。。。今にして思え ば、あの時間をもっと有意義に使っておけばよかったなぁ、と後悔しています。英語の短期コースを取ったり、映画をみまくったり、美術館めぐりをした り・・・。忙しくなるとできなくなることがたくさんあります。私のように就職活動中に時間をかけている皆さん、悲観的にならずにこの時間を有効に使ってく ださい!